ワインマナー位は | お金と出会いを期待できる!主婦交際クラブであなたに合った楽しみ方

ワインマナー位は

「ワインマナー位は」のイメージピクチャーです。

デートでは、場合によっては高級なレストランへのディナーというのもあるかもしれません。こういった場所ではマナーが重要になってきます。こんなことも知らないのかと男性に愛想を尽かされないために、せめてワインのマナー位は知っておくようにしましょう。

ワインというのは、外国のお酒ということもあり、日本ではないような常識が見受けられます。
例えば注いでもらう際ですが、グラスを持ってボトルに持っていくということはしてはいけません。テーブルに置いたまま、注いでもらうというのが正解なのです。あと、男性のグラスが空になっているからといって気を利かせて注ぐのは厳禁です。ワインのマナーとしては男性が注ぐというのがあるので、ここでは敢えて注がないようにしましょう。
グラスの持ち方ですが、グラス自体を持ってしまうのは良くはないとされています。グラスは熱を通しやすく、味や香りを損なわしてしまうのです。
また、乾杯の際ですがついついグラスをもってカチンとやりそうになりますが、グラスは繊細なので割れてしまいます。かんぱーい!カッシャーン…というのは一大事ですね。正解は胸のあたりに持って目線に上げるということ。でも目上の方よりも上げてはいけないというのもあるので、男性よりはちょっと低めにしておきましょう。
ワインが要らないという場合は口で言うのではなくグラスへそっと手を掲げます。男性ではなくお店のスタッフが注いでくれる場合もありますから、スマートに断りましょう。しかし、グラスの口に手を思い切り出しているとワインが手にかかってしまいクロスまで汚して惨事になってしまうこともあるので、正しいのは人差し指と中指でそっとワインのふちに置くと良いでしょう。